時間の使い方

時間の使い方に関するアイディアが足りない。

最近、なんだかんだで暇な時間が多くて、
その余った時間の使い方を迷ってるんです。

今、暇な時間があったらもっぱら何してるかというと、
太鼓を叩いたり、文章書いたり、Youtubeをあさったり、
という感じですね。それは家の中の場合ですが。
外では、移動中はもっぱらラジオか読書、という状態です。
極論すれば、家の中での選択肢が3つ、外での選択肢が2つ、
という感じでして、これは確かに飽きてきます。
毎日があまりにもルーティーンです。よくないね。

いや、というか、太鼓をたたくことも文章を書くことも、
ぜんぜん飽きてはいない(むしろどんどん楽しくなってる)のですが、
果たしてそれだけでいいのかなぁ~、というところですね。
肉ばっかり食べてるけど野菜もとらなくていいのかなぁ~、
というのと同じような感じです。
なんかやり忘れてること、とり忘れてる成分があるんじゃないかと
思ってまして、それがなんなんだろう、ということですね。

たとえば、太鼓をたたくのも、文章を書くのも、
割と「1人でやる」「内面的」な行為ですね。
そして、読書をする、ラジオを聴く、Youtubeをあさる、というのは、
「1人でやる」「外部の情報を取り入れる」行為です。

となると、「複数人で一緒にやる」という行為があまりに足りてない。
まあ、基本的に「暇」というのは1人でつぶすものですから、
当たり前は当たり前なんですが、それをさし引いてもやっぱり少ないです。

あと、私が読む本や聞くラジオの性質上、
最新のニュースとか、今世の中の動きが実際どうなってるのか、
ということに関する情報は、驚くほど入ってこないです。ニュースに無知。
そりゃ例えば、東大秋入学へ移行とか、Wikipediaが抗議のため1日閉鎖とかは
知っていますが、経済関係のニュースはびっくりするぐらいうといですね。

じゃあ日経新聞を俺が読むのか、といえば、
うーん、でもそんなに読みたくはないしなあ、と思っていて、
その成分が必要な理由がいまいちわかっていないんですね。
おそらく必要だとは思うけど、でも本当に必要なのか、とも思う。

となると、新しい行動を取り入れるためには、
「新しい行動のアイディア」をいくつか提示してみて、
その中からやってみてもいい、と思うものを選ぶ、というのが、
ふつうだけどよい手段なのかもしれません。

とはいえ、そういう試みを実際やったことがあって、
そこそこ成功、そこそこミスったんです。
認識は広がったけど、そんなに行動の改善に結びついた感じはしなくて、
To Do Listなんかも、やることは認識できたが、実際にこなせるかどうかは別、
という状態でしたからね。なんか違うなあと思ってしまって。

その原因がなんなのかはちょっとわからなくて、
もしかしたら「時間の使い方のアイディア」に飛躍力がなかったのかもしれません。

とりあえず、今自分の中での優先度が、
文章>勉強>太鼓>就活>趣味の読書、みたいな感じになってしまっていますので、
文章を書かざるをえないなあ、という状況なんですけれどね。
文章っていうのは言いかえると内省ですが、内省という言葉はカッコ悪いので。

で、そうそう、より重要な事項である
「勉強」」「就活」に手があんまりついていないから、
新しいことを始める気にあんまりなれないのかもね。
この説明はちょっと納得いきますね。
優先順位が低いものから無理にやろうとすると、必ず反発が起きるので。

じゃあ、結論としては、まずまじめに勉強やっちゃいましょう、
ということになるんだろうか。確かにそうかもしれません。
ほな、勉強します。意外とまじめ。

広告

0 Responses to “時間の使い方”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。