ベストを尽くすと失敗が消滅する

ベストを尽くすと失敗が消滅する。
と思いました。
試験勉強をしているなかで。

というのはきわめて簡単な話で、
ものすごくがんばったけど、もしうまくいかなかった場合、
うまくいかなかった理由は2つだけになります。
「不可抗力」か「自分の知恵が足りなかった」か。

「不可抗力」というのは、「予想外な事情」のことや、
あるいは「絶対的に無理なこと」です。
どうがんばってもそら勝ち目がないのはしょうがないわ、というのは、不可抗力です。

で、「自分の知恵が足りなかった」というのは、
「ちょっと考えれば、あの頑張り方じゃなくて、
 別のとこを頑張ったほうがよかったと分かるはずなのに」
という状況です。やや抽象的ですが。

「ベストを尽くす」ということで、うまくいかなかった場合に、
「努力が足りなかった」という言い訳が使えなくなるんですね。
そうなると、努力論、根性論から抜け出すことができる。
「何が悪かったのか(あるいは何も悪くなかったのか)」を考えはじめる。
その点が、ベストをつくすとこのいい点だなあと思います。

で、そういう風に考えてみると、
たぶんベストをつくして仕事をしている人って、
「失敗した」という感覚はあんまりないんじゃないかなと。

たとえば外部の予想外な事情により失敗してしまった場合、
それは「あ、こういうことが実際やってみたら起こるのか」という「学び」ですし、
自分の戦略が足りなかった場合、「ここがダメだったのか」と明確にわかる。
となると、何をやっても100%「学習」につながっていて、
たぶんそれは、「失敗」というネガティブなカテゴリーとは別のものでしょう。

だからあれだけホイホイ失敗できるのかもしれない、と、ちょっと思います。
「あれだけ」って別に具体的な何かを指しているわけじゃないんですけど。

じゃあ、問題は「ベスト」ってなんなんだ、ってことで、
それは個々人が個々人の価値観に基づいて考えざるをえない領域です。
だから難しいし、だからそんなにおいそれといろんなことに挑戦できないわけです。
起業家とか、挑戦をたくさんしてる人っていうのは、
たぶんそこんとこの「ベスト」が明確なんでしょうね。
これ以外ないから、これはもうやるしかありません、っていう。

となると、価値観が単純であればあるほど挑戦しやすいのか、といえば、
そういう面も確かにあるなあとは思うんですが、まあそれだけでもないでしょう。
入り組んだ価値観を持っておられる起業家もいっぱいいますし。

自分でもまだ、この「ベストを尽くすと失敗が消滅する」という考え方は
発展途上でして、自分自身にそんなになじんでいません。
なるべく日々の小さなことでもベストを尽くそう、とは前より思うようになりましたが。
またやってて新しい発見があったら書きます。ではでは。

広告

0 Responses to “ベストを尽くすと失敗が消滅する”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。