人生の究極目標と労働

(公開するかどうか決めずに書いたけど、
 公開できそうなので公開します)

僕には今猛烈に好きな子がおりまして、
最終的には彼女と一緒になりたいと思ってるんですが、
ぶっちゃけ、その将来を考えると、
すげえ人生はシンプルだなと思ったんですよ。

要するに俺が人生でやりたいことは

「好きな人と一緒にいる」

「音楽で遊び続ける」

このふたつだけであって、
他の全てはこのふたつを達成するための道具だと思う。

もちろん、「好きな人」のなかには、
彼女も含まれますし、友人も含まれます。

で、それを達成するためにお金とか時間とか場所が必要なのであって、
究極的に考えていくとこのふたつしか残らないな、って思ったんですよ。

別に仕事で何かをやりたいとは思わないし、
世界を変えてやろうとか、そういう大それたことはあんまり考えていない。
でももし、たとえば好きな人と一緒にいることや、
あるいは自分やそのまわりの音楽仲間が生活するのがあまりにも難しいのなら、
それはなんらか社会を変えなくてはいけないと思う。
でも根本的に何か変えたいとか、生きた爪痕を残したいとか、
そういう欲望はたぶんこれっぽっちもないんです。
哲学とかの本を読むのとかも、それ自体が好きってわけじゃなく(いや好きですけど)、
それらに対する何かしらのヒントにならねえか、っていう理由で読んでます。
何かしらうまいことお金をかせぎつつ幸せな家庭が作れないか、
何かしらうまいことミュージシャンが音楽を継続していける社会を作れないか、
っていうことを考えたいのであって、
その目的に役に立たない本はたぶん読んでいない。
最近は「一見役に立たない本でもまわりまわって役立つんじゃないか」と思って、
多少読む本の幅を広げたりもしていますが、
でも僕が本を読むことがあるとすれば、
それは二つの目的のためであって、
それを達成できる環境を作るためでしかないと思う。

なんかセンチメンタルな文章というか、
赤裸々な文章になっていますがこのまま続きます。

言いかえるならば「仕事は金もうけの手段にすぎない」という、
就活中にはありえなかった考え方に今なってきているんですが、
金もうけならなんでもいいのかというと、やっぱりそうはいえない。
ただもちろん優先順位はありますけれども。

第一にはやっぱり時間です。
好きな人と一緒にいるのにも、友人に会うのにも、
音楽を続けるのにも、まずは時間です。
時間がなくてはならない。
「労働日の短縮こそが根本条件である。」(マルクス)

第二には金銭です。
これはまあ、具体的な計算が必要になってきます。
そういやこういう具体的な生活費とか貯蓄とかそういう計算やってなかった。
今度やらんとあきませんね。

第三にはストレス度合いです。
まあ楽しく働けるに越したことはないですし、
「やりがい」とまではいかなくても、
「俺がこの仕事をすることで社会の何の役に立つねん」ということが
理解できるような仕事のほうがいい。

あ、入れるの忘れていたのが勤務地です。
勤務地は、ある意味では何よりも大事ですけど、
そこまで大事じゃないともいえる。
第一位より上っちゃ上ですし(バヌアツ勤務とかなったらどうするよ、あるいはど田舎)
第二・五位ぐらいかもしれない(東京だったら頑張れば大阪・京都行けるが、でも日常的には行けない)。
あいだをとって第一・五位ぐらい。

で、この4つの観点から考えると、
俺が4月から働く場所は、だいぶ選択をミスっている気はしていて、
たぶん金銭以外の条件がとても悪い。
そのことを考えるとゾッとします。

そらまあ働くことにはなってるので働きますが、
どんだけ続くのかしら、というのはすさまじく疑問です。
僕としては1年間ヘンな国へ留学する、ぐらいの気持ちで行かざるをえない。
もしくは兵役。兵役だと考えよう。
自分で書いてて思うけど労働意欲低いなあ。

今猛烈に行きたいのはリットーミュージックで、
あそこの出す本はだいたいリスペクトしています。
ああいうのを書いて暮らせたらだいぶ幸せだなあと思うんですけどね。
入社前からすでに転職先を考えつつある。

まあ、あのドラッカーですら「最初の仕事はくじ引きである」と言っているので、
僕は「就職ミスった!」という風には思っていません。
「たぶんみんなこんなもんだろう」と思っています。
「就職活動」が「上手い」人というのはたぶん存在しない。
うまくやってのけたように見えて、何かをド忘れしていたりする。

僕が何かもしリードしていることがあるとすれば、
「入社前からすでに幻滅している」ということであって、
だいぶ期待値が下がっている分、わりと大概のことに耐えられそうな気は、
ちょっとするんですよね。もしかしたら。

最終的に好きな人を養ったり楽器や機材を買ったりすることを考えると、
まあちゃんと働き続けたいですけどね。
どうやったら安定的に働き続けられるかなあ。
いやこれは一生の問題ですよ、マジで。
安定的に働いて、ごくふつうの幸せを得たい。それだけです。

広告

0 Responses to “人生の究極目標と労働”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。