社会人とブログ

最近Facebook上で社会人のお友達といいますか、
簡単にいうと同期とか、あるいはちょい上の上司とか、
そういう人がフレンドになって来ております。

で、まあ同期に関してはいいんだけれど、
問題はやはり上司ですね、この上司というものとの関係をどうするか。
という問題をクリアせんことにはですね、
Facebookがちょっと使いづらくなってくるわけですよ。

このへんの問題に関しては、以前
ザッカーバーグは二次元に住んでいる」という記事で
考えたことがあるんですが、
まあ簡単にいうと、「誰が読んでもよいブログ」を目指すのか、
「ちょっとぶっちゃけたことを言うので一部の人に見られたくないブログ」を目指すのか、
という問題が発生してくるわけです。

で、もし後者を選択しようとするならば、
ブログの公開範囲を変更したり、
あるいは匿名でブログをやったりせねばいかんわけです。

最近、「匿名で何かを発信できること」って結構重要な権利だなあ、
と思うようになってきてまして、ネット実名主義っていうのも、
あんまりいいことばっかりじゃないかもよ、という風に考えています。
現実とまったく関係ない名前だからこそ、
しがらみから離れた発言ができる、というのはあるのかなあ、と思っていて、
例えばちきりんさんが匿名のままで活動を続けるのも、そのあたりにあるのでしょう。

(とはいえ、実際は完全に匿名でもなく、
 正体を知りながらブログを読んでる人も数多くいるらしい
 http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20101230

――――――――――――――――――――――

じゃ、逆に何を知られたらまずいのか。
上司や同期に知れ渡るとまずいこと、というのを考えてみましょう。

こういうことを書いてる時点でだいぶオープンですが。

たとえば特殊性癖。
こういうものは当然オープンにできませんし、そもそもブログのネタにすべきじゃないですが、
そもそも自分にそういうものがないので、これはセーフです。

おお、そういや今書いていて気づいたが、
会社関係の人以外にも、いろいろベリーダンス関係の人とか、
あとダラブッカのすごい人とかの知り合いも東京来てから増えました。
いや、そう考えると、なおのこと書く内容が難しくなってきますね。

――――――――――――――――――――――

ただ、基本的には「知られて困ることなど何もない」と思っているので、
思っていることはかなり正直に書くし、正直に言う性質があります。
これはたぶん、場合によっては悪癖なのですが、
あんまり直す気がないので、たぶん直さないとは思います。

というか、「あ、これって悪癖なのかー」って気づいたのは、
社会人になってからですね。

会社入ってから最初のころ、
なんというかですね、思ったことをばんばん言ってたわけですよ。

そしたら怒られまして。

「あ、会社では思ったことをそのまま言ってはいかんのか!」

っていうのが、まあ気づいたことでして。

どうしようかなあーと思っているんですけど。

同期に関しては、まあ思ったことをそのまま言っていい(と思ってる)んですが、
上司はちょっとねえ。

いや、デカルトっているじゃないですか、
で、「われ思うゆえにわれあり」的なロジックで、
「俺がこう思ったということはどう頑張っても消えない事実である」
ということから、
「なんで本当のこと(=事実)を言っちゃいけないんですか」
というふうには、今でも思っていますが。
とりわけビジネスなんてのは批判されてなんぼですしね。

でも、会社というのはひとつのトライブ(民族)ですので、
民族の中では民族の風習に従わないと追放されるなあ、
という風に学んだのが、だいたい先週の水曜日ぐらいです。
なのでまあ、会社の中ではだいたい本当のことを言うのを控えています。珍しく。

けどここは会社の外なので、本当のことを言いたい。
本当のことを言いたいが、でも上司見るかもだし。

いや、ブロックとかすればいいのは重々承知なんですが、
別に嫌いなわけではないんですよ。
むしろいい人たちなので、別にまったくプライベートを知られたくないわけではない。
でもちょっと書く内容にブレーキをかけてしまいそうだな、というのが、問題なのです。

そしてその、ブレーキをかけなければいけない内容こそ、
一番書きたい内容だったりするわけです。
しかも今社会人になりたてだからこそ書ける内容だったりするし。
だからこそ悩んでおります。

その内容の時だけ限定公開にする、っていうのも、
なんかコソコソしてて嫌じゃないですか。
自分が正しいと思って書いてる内容なんだから、なおさら。

――――――――――――――――――――――

まあ、こういろいろ書いてはみましたけれど、
たぶん上司のこととか忘れて普通に書いて普通に公開しますね。

それはたぶん、自分が正しいと思って書いてるからですし、
間違ってるのであればどこが間違ってるかを指摘してくれ、
という考え方に基づいているからだと思います。

もしそのへんを正直に書かなかったら、
たとえば自分の意見がよい場合、よい意見が共有されず残念だし、
間違っている場合、間違いを修正する機会が失われて残念ですから。
だから僕はたぶんバカ正直に生きているのだと思います。
ということは、やっぱりバカでもあるんですけれど。

あとまあ、これは後で発覚したことなんだけれど、
人事部のえらい人にこのブログ読まれてたみたいですしね!
もうその人に読まれてるなら何書いても一緒じゃないすか、というのもある。

というわけで、いろんな友人ができてきましたが、
基本的にはバカ正直に自分の思うことを書いていこうと思います。

広告

0 Responses to “社会人とブログ”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。