時間給というアーキテクチャ

学生のころ、あれだけ残業を憎んでいた自分が、
どういうわけかこのごろ、毎晩22時ぐらいに帰っているのである。

しかも、それをさほど不快に思っていないのである。
いや、まったくオーケーというわけじゃないけど、
なぜかすんなり受け入れていたりするのである。

これはどういうわけなのか。

ーーーーーーーーーーーーー

「残業をするやつは基本的に無能だ」とすら思っているし、
(これは半分冗談ですが、半分マジです)
もし業務上そうせざるをえないなら、
それはもうマネジメント体制がそもそも間違っている。

というのも、残業中、ふつう人は生産性が低くなるものだから、
マネジメントとしては、
「より生産性の低い時間」に「より高いお金」を払っていることになる。
そんなあほな事をやるやつはどうかしている。
というのが基本的な考えです。

(もちろん、実際は社会保障費とかもろもろ含めて考えると
 一人に重労働させたほうがよいらしいのだけど。
 そのへん今度詳しく調べてみる必要がある)

ただ、なんかね、毎日遅くまで残業してる人々を見ると、
どうも何かが違うんじゃないか、と思えてきた。

すなわち、彼らは「残業したくて残業している」んじゃねえかと。
そういう感覚が芽生えてきた。

自分のいる部署は、さいわいなことにサビ残というものが(ほぼ)なく、
遅くまで残ってもちゃんと給料がつくようになっている。
ええこっちゃ。これは褒めたい。当たり前なのですが。

ただ、そのおかげで、残ることに対して、
けっこうインセンティブが発生してしまうというか。
さすがに何もしないのはダメだけど、
仕事をゆっくりやり、遅くまで残れば、
それだけお金がたくさんもらえてしまう。

この「速くやったほうが安く、遅くやったほうが高い」という矛盾は、
たぶんいろんなところで指摘されてきたと思うんですが、
やっぱりでかい問題です。

もちろん、みんながみんなカメのように働くというわけではなく、
むしろスピードとしては結構速く働いているほうだと思う。
ただ、そっから先に行けない。

つまり「遅すぎると文句を言われない程度のスピード」
に達してしまったら、そっから効率化するインセンティブがなくなる。
いや、プライベートを大事にする人であれば、そっからさらに
「帰ろうと思えばすぐ帰れる程度のスピード」にまで行くんですが、
大方の人は、そこまで家帰って何かしたいとかないわけ。
家族サービスは土日でできてると思ってるわけ。

事実、「帰ってもすることないしぃ」という理由で残る人は、
そこそこいます。
そういう人にとってはむしろ残業万歳です。
ほっといてもお金が入ってくるので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

っていう状況をふまえたときに、
「時間給」ってのがそもそも制度として正しいのか、
って疑問が生じてきて。

もちろん、時間給で測ることが望ましい労働もあると思う。
たとえば、工場労働とか、警備員とか、サービス業とか。
おもに肉体を使う労働に関しては、時間給がよいと思う。
その意味でワタミには超反対なんですが。

が、デスクワークや、パソコンさえあればできる仕事に関しては、
これを時間給ではかるのはどうかと思っていて。
何かしら明確なタスクがある仕事に関しては、
なんかもっと、別の方法があるんじゃないかと。

それがどういう方法なのかに関しては、
今手元になにも雇用関係の資料が無いので、
具体的にこういう事例があるよ、とはいえないんですが。

1個、気になっているのが、
ブロガーのちきりんさんが紹介していた
「クラウドソーシング」という話で。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130718
「戦力外労働力」の市場参入が始まる

これがだいぶおもしろい。
詳しくは上ブログを読んでくれ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブラック企業・ホワイト企業を論ずる前に、
「そもそも時間給という制度がおかしくないか?」
というところがもっと考えられてみてもよくて。

だって、正社員は残業200時間、でもいっぽうでニートや失業者もいる、
という状況は、あきらかに労働市場が機能してない。
個々の企業を見るのもよいけど、問題はシステムなんだと思うのよ。

広告

1 Response to “時間給というアーキテクチャ”


  1. 1 藤和 臣 2014年3月4日01:24

    僕は電気屋でアルバイトをしている者です。
    割と時間にゆとりのある仕事でして、決められた時間の2時間も前に終わってしまうような仕事なのです。
    ですが、決められた時間になるまで帰れません。
    なのでいつも余った時間はいつもサボってしまうか、だらだらとして時間を稼ぐかのどちらかになります。

    しかし、早く仕事を終わらせても、遅く終わらせても。
    店としては結果的に同じことです。だから僕が遅く帰っても速く帰っても、
    仕事を終わらせてさえいれば、店としては同じことです。
    そう考えると、時間給ってのはおかしいですよね。

    さっさと仕事を終わらせることが出来る人は、さっさと帰ってもらった方が効率もあがるのに。
    時間給だと、サボったりだらだらしたりするから。

    なんででしょうね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。