ニワトリからの脱出

基本的には空きカンと変わらない。

僕はたぶん、会社にいる人っていうのをまったくリスペクトしていない。
社長はリスペクトする。けどそれ以外はリスペクトしない。

リスペクトはもちろん、なんの親愛の情ももたないし、
なんら感情をもたない。
いってみればそこらの空きカンと大差がないと思っている。
何か喋っているのは、空きカンがカランカラン鳴っているのと同じだ。
聞いてもいいし、聞かなくてもいい。
聞いて価値があると思えば聞くし、価値がないと思えば聞かない。

空きカンだとたとえが悪いな。
ニワトリと同じだ。

なぜこういう考え方に至っているかというと、
基本的には、会社にいる人が死んでも、誰も一切困らないからだ。
もちろん、死んだ人がいないのでわからないけど、
部署移動などでいなくなった人はいろいろいる。
それでも、なんら業務は滞らないのだ。

ってことを考えていくと、
究極的には、社員一人一人はかぎりなく無価値である。
社長だけ価値がある。価値がない社長もいるかもしれないけれど。
本当に死んで困るのは社長だけで、
ほかの社員が死んだら、別のニワトリを連れてくればいい。
もちろん、そのニワトリが育つまで時間はかかるけど、たいした問題じゃない。
大企業であればあるほど、ニワトリ一匹の成長にかかる時間はたいした問題じゃない。

そう考えると、あれだな、世間的にいわゆる大企業に勤めているんですが、
そのせいで社員に価値を感じられないのかもしれない。
まあ、中小企業であっても、所詮小さなニワトリ小屋であるといえば、そうなんですが。

〜〜〜〜

ってことを考えるとさ、
たとえどれだけ仕事ができようが、所詮はニワトリなんですよ。
死んでも困らないし、取り替えがきく。
別に無個性じゃないよ。無個性じゃないけど、取り替えはきく。

それは例えばさ、どれだけ丁寧な応対をしていようが、
接客業にとって客がニワトリでしかないのと一緒ですよ。
買ってくれれば誰でもいいじゃない。
そういう商売じゃない人もいるけど、
基本的には誰がリッツカールトンに泊まるかなんてどうでもいいわけ。

〜〜〜〜

で、僕にとっては彼らはニワトリと同程度の価値なので、
彼らの話を素直に聞くということが基本的にできません。価値がないから。
たとえちょっと仕事ができたからといって、それはその人が自分より先に
何年か経験をしてるからであって、それを考慮すれば全然たいしたことじゃない。

そう考えると、同年代で自分より仕事できるひとは、
ふつうに尊敬してますね。彼らについてはニワトリではなく、
いち「仕事ができるやつ」としてそれなりにリスペクトしている。

〜〜〜〜

僕もこういうことを言ってはいますが、
逆の立場からみれば、僕も単なるニワトリにしかすぎないわけです。
そして、やるべきことってのは、ただひとつ、
そのニワトリ状態から脱出することなんじゃないか。

ニワトリの言うことなんか価値がないっつって、
アドバイスを聞かずにいると、よりニワトリの期間が長くなるだけじゃないか。
俺はなにもニワトリとして餌をもらうために働いているのではなく、
早く人間になりたくて働いているのだから。

〜〜〜〜

じゃ、問題は、ニワトリのアドバイスをどう素直に聞くか?ってことだ。
ニワトリと同程度の価値しかないものに間違いを指摘されて、
それをどうプライドと折り合いつけるのか?ということだ。

これは、「ニワトリから早く脱出する」という目的にとっては、非常によい。
ただ、あまりにもニワトリのアドバイスを聞くことで、
かえってニワトリとして順応しすぎてしまうかもしれない。

俺は、ニワトリ小屋でうまく生きていくための術は、
まったくもって身につけたくない。そんなの役に立たないし。

まあでも、ニワトリ小屋ですらうまくやっていけないやつが、
はたして人間の世界に出た時にうまくやっていけるのか、というと、
それも疑問ではあるな。

要するに俺はニワトリ小屋のレベルをすべてクリアしなくてはならなくて、
その途中ですごく無駄なこと、
まさしくニワトリ小屋でしか役に立たないようなこともあるかもしれない。
けど、それをやらないと次には進めんのである。いきなり人間にはなれない。
これでどうだろう。
こういう考え方なら、ニワトリの「ニワトリ小屋で生きるコツ」も
素直に聞けるんじゃないだろうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後に、こういうことを書いてはおりますが、
仕事が楽しくないわけではないですし、いい職場だとは思っておりますよ。
フォローフォロー。
ただ、なんで最近うまくいかねえんだろう、ということを考えていくと、
究極的に俺が会社の人をニワトリと思っているから、という結論になりました。

ニワトリ的じゃない世界ってどんなのか、っていうと、
たとえばプライベートの世界であるとか、あるいはビジネスであっても、
個人に紐づいている、その人でしか出せない価値を出せている、
そういうのはニワトリ的じゃない仕事なのかなあと思っております。

ではでは。

〜〜〜〜〜

参考というよりきっかけになったリンク:

おなじみのちきりんブログより
『「生産性の概念の欠如」がたぶんもっとも深刻』

広告

0 Responses to “ニワトリからの脱出”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。