音楽消費の変化(個人的に)

音楽の聴き方ってのが、ここ最近ずいぶん変わりました。

もともとそんなに音楽を聴く方じゃないんですよ。
いちおう音楽やってる人間ではあるけれど。

とりわけ、自分で音楽をやり始めると、
そっちの方が面白くなっちゃって、
他人の音楽にまで気が回らないというか。
そんなことより俺の音に集中したいみたいな、
そういうのがあったんですけれど。

音楽をしっかり聴く機会っていうのは、
せいぜいライブぐらいだったんです。

TSUTAYAでCDを借りてきてiPodに取り込む、みたいなことは、
まるでやってない。YouTubeで音楽を探す、みたいなのも、
一時期熱心にやっていたんですけど、本当に一時期だけですし。

で、そういう生活をずっと続けていた私が、
いざ会社員になって、それなりにお給料がもらえる生活をし始めると、
どういうわけか、レコードをめちゃめちゃ買うようになったんです。

そして、暇さえあれば、レコードをかけている。
朝会社に行く前とか、夜家に帰ってきた時とか、
家にいるときはかなりの確率でレコードをかけている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんか、「音楽を聴く」っていう行為が、
「レコードをかける」という形をとることで、
一歩グレードアップした感じがあるんですよね。
ちゃんとした服を着せてあげた感じというか。

たとえばこれが、CDをコンポに入れて聴くとか、
iPodをスピーカーにつないで聴くとか、
そういうのだと、なんか物足りない。
それって究極的には、データが音として再生されてるだけであって、
「CDを入れる」という行為と、「音楽が鳴る」っていう現象が結びついていない。

けど、レコードという物質が回転して音を出すことで、
なにか「記録装置を再生する」ということと「音楽が鳴る」っていうことが
ちゃんと結びついたような感じがするんですね。

何を言っているのか、と思いますけども、これって微妙に大事なことで、
たとえばライブっていうのは、「音と動きが密接に結びついている」じゃないですか。
「あいつがああ動いたからこの楽器がこう鳴っているのか」というのが直感的にわかる。

で、これがたとえばテクノのライブ、あるいはDJだったりすると、
「音と動きが結びつかない」。
それだけでも、観客の冷め具合はだいぶ変わってくる。
音に対するリアリティが一個減るような感じがする。

その意味で、レコードっていうのは、
音と動きが結びついている、と思った。
ちょっとでもスクラッチ的なことをやってみれば、
それはものすごく直感的に理解できる。
針が特定の部分を通らなければ、特定の音が鳴らないんですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

てなわけで、だいぶレコード文化に親しむようになったんですが、
レコードってのは、買い方がすごく難しい。

まず、ふつうのCDとかiTunesではありえない、「音質」という要素が入ってくる。
モノがモノですから、品質の劣化とか、溝のすり減りとかがありますから。
そんなにひどいレコードはあたったことがないんですけど、
それでもノイズの多さみたいなのは多少気にはなりますね。

そして、第二に、まるで音がわからない。
それは音質的な意味でもそうですし、
自分がまるで聞いたことのないミュージシャンだと、
いったいどういう音楽性なのかまるでわからない。
もちろん、頼めば視聴させてくれるところが多いと思いますが、
そんなことを一枚一枚やっていたらまあ時間がないんですよ。

結果、以下の3つの手段に分かれるしかない。

1.ジャケ買い。
2.ジャンル買い。
3.レーベル買い。

で、僕はもっぱらジャケ買いです。
というかジャケ買いを推奨したい。
ジャケットさえよければ、たとえ音がハズレでも、
絵を買ったと思えばいいし。

正確にはジャンル買いとジャケ買いを組み合わせていて、
なんとなく「ジャズ的なものが聞きたい」「レゲエ的なものが聞きたい」
ってのはあるんですよ。なのでそのコーナーでいい感じのジャケットを探す。

ところがこれが通用しないジャンルがあります。
ハウス・テクノです。

どういうわけかね、ハウス・テクノ系のジャケットって、
驚くほど手抜きなんですよ。
あるいはそもそもジャケットがない。
まっ白い紙にレコード入れてるだけだったりする。
まるで判断材料がない。

おまけに、ネットで調べても死ぬほど情報がない。
たまに有名なやつ出てきますけど、そういうのは高いし。
レコードって高いやつは平気で1万円しますからね。

っていうときに、判断材料として使えるのが、「レーベル」です。

なんか、レコードを扱うDJの人って、やたら「レーベル」に詳しいな、
と思ってたんですが、どうもそのあたりに理由があるんじゃないかと。
個々のアーティストってそんなにキャラ立ちしてなくて、
レーベルとして全体的に統一感があるんじゃないかと。

そして、気に入ったレーベルのものを聴いてたら、
だいたいヒットする確率が高いんじゃないかと。

たとえば有名なのにReinforced Recordsというのがあるんですが、
ここはドラムンベースが強いです。
このレーベルを聴いていたらだいたいハズレがないと思う。
(ドラムンベース好きの人にとってはね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まったくのアトランダムに買うとそれはそれでいいこともあって、
思いもよらない音に出会えることもあります。

たとえば、こんな音。
ジャケットの気持ち悪さで買ったのですが、
予想より気持ち悪く、予想外に都会的なサウンドでなかなか面白かった。

ただ、これのヘンなところがですね、
俺はレコードの回転数を33 1/3で再生しているんですけど、
ネット上にアップされてるのは45なんですよ。

で、俺は圧倒的に33 1/3のほう(ゆっくりなほう)がカッコいいと思うし、
こっちのほうが音楽として洗練されてる気がするし。
でも45でもおかしくはないんだよなあ~~~というところで、
「正しい回転数がわからない!」という状況に、初めて遭遇しました。
レコードならではです。

回転数ひとつとってもそうですが、
レコードの音って、編集しがいがあって。
ちょっとレコードを手で止めるだけでも変な音になりますし、
曲の途中から突然再生もできたりします。
このへんのファジーさもすごくおもしろい。

そして、1回再生すると基本的に最後まで止めたくない、
というのもレコードならでは。
1曲1曲がシームレスに聴ける。というか聴いてしまう。
正直、まったく知らないアルバムだと、
どこが曲の切れ目なんだかよくわからなかったりする。

そんなようないろんな点がありまして、
まあレコードで音楽を聴くのは、
ほかの音楽の聴き方とだいぶ違って特殊だよ、
ということです。イヤホンとかも特殊ではあるんですが。
もうしばらくこのレコード文化を掘り下げていきたいですね。

広告

0 Responses to “音楽消費の変化(個人的に)”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。