2013年を振り返る:レコード編

2013年はとにかくレコードを買いましてね。
すんでるところの近くにもいい中古レコード屋さんがありますし、
通勤途中のところにも何箇所かリサイクルショップがあったりして、
そこでも変なレコードを買ったりはしてますね。
あとは渋谷のエルスールレコードさんで、
世界各国の珍妙な音源を買ってきたりとか。

どんなレコードを買ったのか、
保有レコード整理の意味も含め、振り返ってみたいと思います。

<ハウス・テクノ系>

Casablanca Records – “Chocolate City”
Mouseville Records Cirez D – “Knockout Remixes”
士魂 “si-con 003”
Glimplse – “100% BLACK”
Heather B. – “If Headz Only Knew/No Doubt”
OXIA – “Sun Step EP”
John Lagora feat. Jansen “bitch”
wordandsound records – “various artists vol.V”
benassi bros. – “”Puhphonia
Lissan and Stills – “Wings”
Maral Salmassi – “Victims of the Super-Ape”
BASSLINE RECORDS – “Up to You”
Mr. Oizo – “Nazis”
38db-Tonsportgruppe – “Disco24”
Teletronik – “Episode 1”
An Eb Production – “Hit Sound MCR” 45 Speed!
The Mud Men – “Mud Channt”
Sonny The Champion – “the JFK e.p.”
Geoff Gains – “Tribal Patrol / 2Dance”
Fred Pelichero -“Chicago”
g.pal feat. annamaniax – “Ocean of Blue”
Fabian Gatti – “windexpress EP”
OnePhatDeeva -“In And Out Of My Life”
INDIA – “To Be In Love”
Shaka – “Nation of Zulu”
Evolved vs. Oba – “Afrika: The Drum”
Lino “D” Meglio – “swaRED”

29枚。
去年合計で約90枚のレコードを買ったんですが、
そのうちの3割がハウス・テクノ系という。

ハウス・テクノ系のレコードって、一言でいうと、「地味」です。
地味です。
地味です。

はっきり言うと聴くのには向いてないというか、
まあ~~~単調な曲が多いです。リズムもドッ ドッ ドッ ドッ で単調ですし。
よくよく考えると、なんで俺はそんなレコードを大量に買っているんでしょうね。
どっかにすごいレコードが隠れてるんじゃないか、と思って買い続けているのかしら。

なんか買っちゃうんですよね。なんか買っちゃう。
一番ハズレ率が高いんだけどなんか買ってしまうのよ。

まあ、ハズレだったとしても、けっこうハウス・テクノの音は太い音で作ってあるので、
サンプリングとかするといい感じになります。

<ヒップホップ系>

Jamie Knight feat. Jay-Z “Can’t Play Me”
Scotty Foxx – “TOP SECRET!”
Skooota – “NGA STYLE”
Eminem – “Superman”
Twista – “So Sexy/Like a 24”
St Denis -“Affirmative ActionSt Denis Sttyle Remix”

意外とあんまり買っていない、ヒップホップ系。
もっと俺はバリバリヒップホップを買う予定だったんですけどね。

ヒップホップ系のレコードを買おうと思っても、なんかわかりにくいんですよね。
ヒップホップだと思って買ったらハウス・テクノだったということがよくあります。
あと、意外とあんまり置いてない気がする。行ってる場所にもよるとは思うんですが。
ちなみに、ヒップホップではまだ「これは!!」っていうレコードには出会えてないです。
回転数を遅くしてもカッコ良く聴こえるとか、
スクラッチを適当にしてもカッコ良く聴こえるとか、音の素材としてはすごく使いやすい。

<その他電子系>

Coldcutt – “Everything is Under Control”
Dee.C.Lee. – “New Reality Vibe”
Flying Lotus – “Until the Quiet Comes”
Prodigy – “Firestarter”
The iYa Basta! Crew – “iYa Basta!”

僕が割と好きな感じのものが集まっています。
本来であればここを伸ばすべきだった気がしますね。
今年はこのへんのレコードを買っていこう。多少高くても。

<ソウル系>

Carleen Anderson – “True Spirit”
Before Dark – “Come Correct”
Lionel Richie – “Lionel Richie”
Celetia – “Rewind”

気まぐれで買うことはあります。
聴いてそんなには好みじゃないんだけど、たまに聴くとよい。
あと、たま~にすごくいいサンプリングの素材になる。
サンプリングってけっこうソウルの音ネタが使われてたりしますしね。

<ジャズ系>

Andrew Hill – “Verona Rag”
Andre Previn – “The Essential”
Hal Schaefer – “Just Too Much”
Hal Schaefer – “JAZZ Workshop”
Bud Powell – “Bouncing with Bud”
Art Blakey and the Jazz Messengers – “Drum Suite”
Oliver Lake Quintet – “”Expendable Language”
Ray Charles – “Gold Superdisc”
Chick Corea – “My Spanish Heart” Not so good.
Milt Jackson – “Night Mist”
Francis Faye – “I’m wild again”
Benny Carter -“Jazz Giant”
Montana Sextet “Sut/l Vibes”
Frank Sinatra – “Ol’ Blue Eyes is Back”
Weather Report – “Domino Theory”

やっぱジャズはレコードに限る。
青臭いけどそう言わせてくれ。
ジャズ喫茶というものが存在する意味がなんとなく分かった気がするし、
ジャズとレコード、この2つのマッチングは非常にいい。

もともとそんなにジャズを聴くほうではないんですけど、
レコードだと結構ジャズ聴きたくなりますね。

この中では、ハル・シェイファー(Hal Schaefer)というピアニストが非常によかった。
ほかは割と名前知ってて買ってるんですが、この人は知らずに買ったのに結構いい。
あと、ベタですがフランク・シナトラは温かみのある歌声と音でよかった。

<民族音楽系>

Tahra – “Yamen Yamen”
Ofra Haza -“Shaday”
Kassidat – “Raw 45s from Morocco” Very good sound of moroccan music.
Vladimir Chirkov – “Siberian Russian Folk Chorus”
The Mahotela Queens Mahlathini and other Great Stars – “The Great Sound of Africa”
Ananda Shankar – “Ananda Shankar”
The Groove Corporation – “Dry Bone”

わりと民族音楽にかかわってる人なんですが、
あんまり民族音楽系のレコードって買ってないんですね。というかそんなに置いてない。

この中ではインド音楽(Ananda Shankar)が衝撃でした。シタール奏者。
「インド音楽ってレコードで聴けるんだ!!」っていう衝撃がまず第一。
で、音自体も、シタールを中心としつつ、シンセサイザーや効果音を混ぜたりしてて、
ほどよく伝統的、ほどよく現代的。なかなかいい音に仕上がっています。

<レゲエ・ダブ系>

Hydroponics – “Dubs from the Growing Room”
Jamaican Recordings – “Dub Sampler Vol.1”
Jamaican Recordings – “Dub Sampler Vol.2”
Vibronics – “Dubliftment”
Pablo Moses – “Pave the Way Dub”
King Tubby – “Dub Mix Up – Rare Dubs 1975-1979”
Dennis Brown – “Joseph’s Coat of Many Colours”
Linton Kwesi Johnnson – “Tings an’ Times”
Linton Kwesi Johnnson – “Making History”

自分の中ではけっこうアタリが多かったジャンル。
今年はもっとここを攻めていくべきかもしれません。

デニス・ブラウンの『ヨセフの聖衣』(Dennis Brown – “Joseph’s Coat of Many Colours”)は、
何回も何回も聴いた、かんなりいいレゲエアルバムですね。
あと、Hydroponics – “Dubs from the Growing Room”も、超絶いいダブアルバムです。
ノレますよ。ダンサーでもないのに聴いてて勝手に体が動いてしまう。

期待して買ったキング・タビーの”Dub Mix Up – Rare Dubs 1975-1979″が
そこまで面白くなかったりして、なかなかレコードのよしあしはわからんもんです。

<ロック系>

Santana – “New Gold Disc”
Foreigner – “Foreigner”
Queen – “Hot Space”
Queen – “News of the World”
10cc – “Deceptive Bends”
Bruce Springsteen – “Born to Run”
Rainbow – “Straight Between the Eyes”
Emerson Lake and Palmer – “Pictures at an Exhibition”
King Crimson – “Red”
Tony Macalpine – “maximum security””
Yes – “Close to the Edge”

ロック系はね、ジャケットがひたすらカッコいいんですよ。
去年買ったレコードのうち、ベストビジュアル賞を上から5つ選べといわれれば、たぶん5つともロックのレコードだと思います。
そんな風にしてついつい買っちゃうので、枚数としては多い。
けど、実はあんまり聴いてなくて。
この中にも買ったはいいけど聴いてないやつとか5枚ぐらいありますね。
聴いたらどれもまあまあおもしろい。

<特殊能力系>

コロムビアレコード – “世界国歌集 Ⅱ”
ビクターレコード – “小倉百人一首”
ユピテルレコード – “民謡カラオケ全曲集”

珍妙なレコードを探しているとこういうのに出会ったりします。
ある意味もっともオリジナリティあふれるサウンドに仕上がっているので、
サンプリングとかして使うのには非常にいいんですが。

この中で一番ぶっ飛んでると思うのは、
ビクターレコードの『小倉百人一首』だと思うんですが、
レコードの帯のアオリの文章がすごい。、
『百人一首初のレコード化・・・観賞用に競技用に最適!』

いや、競技用には使えないだろう。
競技ごとに順番変えたりできないので、順番を覚えられたら終わりですし。
順番を変えるためには、驚愕のリミックス能力が必要とされますよ。
もしくはスクラッチが超絶うまい人、DJ KENTAROとかを百人一首の会場に呼べばいいのかな。
あと、誰がこれを鑑賞するんだろう。

サンプリングには最適!だと思います。変な使い方できそう。

90枚とりあえず買ってみた中で、去年のベスト3を挙げるとすれば、

Hydroponics – “Dubs from the Growing Room”
Dennis Brown – “Joseph’s Coat of Many Colours”
Hal Schaefer – “JAZZ Workshop”

じゃないかなと思います。
というか、この3枚とあと数枚らいしか、
「これよかったわ~!」というレコードには出会えてなくて、
なかなか微妙な成績ではあるんですよね。
しかもうち2枚がレゲエ・ダブという偏り方。

まあそれもそうで、今の自分のレコードの買い方っていうのが、
なんとなくお店に行って、なんとなくそれらしき棚に行って、
なんとなくジャケットでビビッと来たものを買う、ですからね。
これではなかなか成功確率が上がらんのかなあ、と思います。

あと、「アルバムとして良い」っていうのは、けっこうハードルが高くて。
特定の曲が良くても、じゃあ他の曲は、というと、う~んそんなに?という感じだったりしますし。

でも、それも含めて、いらん曲も含めて聴かざるをえない、というのが、
ある意味レコードの面白さなのかなあとも思っています。
自然と、アルバムを通して聴きますしね。曲単位じゃない。

振り返ってみれば意外と成功率が低いレコード購入ですが、
やっぱり今年も続けていきたいと思います。面白いんだもの。
音楽の宝くじと思えば安いもんですよ。

広告

0 Responses to “2013年を振り返る:レコード編”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。