ラッパーじゃないけどマジ感謝

意識の高そうなブログを書きます。

今あらためて思うと、仕事を始めてそろそろ2年が経とうとしているんだなあと気づいて、
それってすげえことだなあ、となんか感心してしまったんです。

仕事を始める前とかって、そもそも俺は働けるのか、
果たして社会になじめるのか、とかいろいろと不安だったんだけど、
なんか今はもう全然普通に働いていけてるし、
働くことをふつうに楽しめているんだなあと思うと、ひたすら驚きです。

考えてもみてくださいよ。
毎日朝の9時ぐらいから、夜の…まあ、何時でしょうね、
日によって差はあるんですけど、夜ナントカ時まで、
週5日働いているって、すごいことですよ。
当たり前っちゃ当たり前なんですけど、その当たり前はすごいことですよ。
少なくとも8時間は働いているわけで、
それを週5日、2年間続けてきたっていうことはすごいことだなあと思うんです。
いったい俺は何時間働いてきたんだと。何時間この仕事に使っているのかと。
その膨大な時間を考えるとすごい気持ちになります。

「それの何がすごいの?」と思うかもしれませんが、
ひとつのことをここまで長時間やってることがすごい。
「たかだか2年で何を」と思うかもしれませんが、たかが2年、されど2年です。
今まで僕の人生というのは、ずっと「学生」というゾーンの中にいたわけですが、
それが「会社員」というゾーンで生きられるようになった。
そのゾーンで生きられるとはとうてい思っていなかったし、
そのゾーンの中で暮らすことがどういうことなのか、ちゃんと想像もしていなかった。

でもなんだかんだで2年間ちゃんと働き続けられてきたっていうのは、
これはもう、すごいですよ。何がすごいんだって感じですが、本当にすごいことです。
割と根はアナーキーな人間だと思うので、それが会社っていう組織の中で生き続けられてきたのは
それは本当にすごいと思う。自画自賛で気持ち悪いですが、よくやってきたなあと思う。

別に会社を辞めるとかそういう話ではなくて、
なんかこう、月日が経ったなあという感慨があります。

で、これから僕はどう働いていくべきなんだろう?と考えたときに、
もういったん「とりあえず会社員としてちゃんと生活する」というステージは
そろそろ終わりにしてもいいのかなと思ったんです。自惚れかもしれないけれど。

僕は会社に入ってから1年間のあいだ、とにかく怒られまして、
「あ、まずは会社員としてちゃんとしないとダメだな」と思ったんです。
その時代の僕の目標というのは、「クリエイティブ」とか「自己実現」といったものではなく、
とにかく「まず生きよう」という感じでした。サバイブ。トーキョーをサバイブしようと。
ある意味では目標が無かったともいえます。その意味ではもうちょっと反省すべきなんですが。

でも、それがちょっとずつできるようになり、
仕事をして感謝をされたりするようにもなると、すごく仕事っていいじゃん、
楽しいじゃん、という風になり、今は本当に楽しく仕事をさせてもらっています。
2年間をふりかえると、嫌なことやつらい時期もあったけれど、
でもトータルでみればやっぱりすごくありがたいなあと思います。

で、そういう感謝の念を持ち始めると、
なんか「ただ働いているだけ」では申し訳ないなあと思って。
もちろんただ働いているだけでもいいんですけど、
なんかこうもっと、お返しできるものがあるんじゃないかなと思い始めて。
それは自惚れなのかもしれないし、いやいやお前はまだ全然会社員としてちゃんとしていない、
という意見もあるのかもしれないんですが、それはそれとして洗練させていきつつ、
もうちょっと自己評価を上げて、次のステージに進んでもいいのかなと思うんです。

自己評価が低いと、自分には大したことはできない、
自分の考えることより上の人が考えることがえらい、みたいな発想になって、
結局何もアイディアが出なかったり言われたことをやるだけになるんですよね。
あるいはそれに中途半端に逆らったりするので(自己評価の低さに耐えられず)、
結果的に会社に対してあんまり貢献できなかったりする。僕はそう考えています。

じゃ、お前のいう「次のステージ」ってなんやねん?ということですが、
これからどう働きたいかを考えたときに、
「自分にできることを通じて、チームひいては社会に貢献したい」
という答えが出てきました。

これってまるっきりマズローの5段階欲求に当てはまっていて、恥ずかしいぐらいなんですが、
いわゆる「自己実現の欲求」です。「尊厳の欲求」が満たされたから、次の欲求が出てきた。
でも、それは完全に自己のためではなく、他者貢献を含む自己実現です。
それは僕はいいことだと思うし、そういう欲求を満たそうとする運動はいいことだと思う。
こんなことを考えられるようになったのは、やっぱり今のチームのおかげだし、
今のチームの人には感謝してもしきれないぐらいです。

そして、ここに至るまでに暗い長いトンネルのような時期があったのですが、
その時期を乗り超えられたのは、やっぱり妻(※彼女です)のおかげだなあと思う。
妻がいなければたぶん鬱になるか会社を辞めるかしてたかもしれないもの。マジで。

なんかこう、ヒップホップばりにマジ感謝的な内容になりましたが、
改めて考えると、俺はもっと感謝したほうがいいなあと思った次第です。
それを恩返ししていく方向に人生のベクトルを切り替えようと思う。

広告

0 Responses to “ラッパーじゃないけどマジ感謝”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。