計画というものと和解できたかもしれない

「計画」という言葉が苦手でして、何かを順序だててやるとか、
計画性を持って続けるとか、そういうことが大の苦手(&嫌い)だったんですが、
もしかしたらそういうことができるようになるかもしれない、という話。

計画というのを、なんというか以前の僕は壮大な積み木細工を積み上げるようなイメージでとらえていて、
ちょっと何かがあると崩れてしまう、もろいものであるにも関わらず、
それを立てるのにはすごく労力をともなう、そんなイメージだったのです。

それよりは即興でその場その場でやるべきことを適宜判断していった方が、
結果的に無駄がないし、結果的によりよいものができる、と思っていました。
また、そのほうが未来を限定せずに進むことできて、やっている方も面白いだろう、と。
そんなこんなで計画性というものの有意義さには懐疑的でした。

けど、日常で仕事をしていると、やっぱり計画的ではない即興的なやり方をすることによる
デメリットというのが、ぽつぽつ出てくるんですね。
特に大がかりなものに取り組む場合、即興的に直すことが非常に難しいことが多いです。
それよりも最初にかなり完成させておくというような、いわゆるウォーターフォール式(間違ってたらすいません)の
やり方のほうがよいケースというのが往々にしてあります。

自分の近頃の仕事ぶりを振り返ってみると、一番に改善すべきなのは、
その即興性に偏った仕事のやり方だなあというのは、明らかでした。
ただ、それを修正するにしても、それより良いやり方というのがイメージできず、
計画を立てても結局崩れることもあるんだから、
いまいち「計画性を持てばなんとかなる」とも思えませんでした。
(あるいは、自分が計画性を持てると思わなかった)

ただ、あるマンガ(これとかこれ)を読んで、
「何かを先延ばしにするのを避けるには、まず1文字とか1秒でもいいからそれをやること」
ということが書いてあって、ものはためしで、
1文字とか1秒とかだけでもやってみようと思い、実際にそれをやってみました。

そうするとまあ、今までにできなかったいろんなことがスルスルとできていくんですね。
やらなきゃと思っていたけど面倒くさくてできなかったこととか、
やってみたいと思っていたけどなんか手が伸びなかったこととか、
そういうものがスッとできるようになった。

1秒やり始めたら、もうちょっとキリのいいところまでやろうと思い、
気づいたらけっこう仕事(や趣味のやりたいこと)が進められている、ということを体験しました。

これ自体は「計画性」となんの関係もないんですけれど、
「計画」ってこういうことなのかなあと思いまして。

「1秒やる」「1文字書く」というのは、
ある目標に対して実行可能なギリギリ最低限の行為です。
その行為自体はなんの計画性もなくてもできるし、
ほとんど労力を使わずに行うことができる。

けど、そのギリギリ最低限の行為を見つけることによって、
「すごく大きな課題」の「一部」を切り出すということを行っています。
これがすなわち「計画」だと思うのです。

たとえば2000文字のレポートを書こうと思い、
とりあえずタイトルと名前と1文目だけを書いた。
次の日、頑張って2文目を書いた。
次の次の日、3文目を書いた。
1歩1歩の量はあまりにも少ないかもしれませんが、
でもこれを何回も繰り返すことで、最終的にはレポートを完成させることが可能です。
(期限については今は一旦無視します)

そうすると、2000文字のレポートという大きな課題が、
結局は1文書くという行為を何回か繰り返しただけのものにすぎない、
というように、「大きな課題」が「実行可能ないくつかの行為の収束体」へと変貌します。
これがものすごく大事。

「一部を切り出す」ということによって、「次の切れ目」が見えてきます。
「次の切れ目」が見えることによって、「次の次の切れ目」がちょっと見えるようになります。
そのまた次の切れ目も少し見ることができるようになる。
そうしていくと、「最終的にこのゴールに至るためには何をすればよいか」という一覧が
時系列立てて把握できるようになる。

こうなるともう、これは計画と大差ないのでは?と思います。
あとはどのタイミングでその行為をしていくか配置するだけです。

しかも、その行為どうしの連関がわかっているから、
多少どこかの配置がずれたとしても、自由に修正を行うことができる。これが強みです。

そう考えていくと、よく会社の人なんかが言っていた、
「目標を立て、それにいたるまでのアクションを緻密に分解していく」
ということは、なんだかわかるような気がするのです。

千里の道も一歩からなんて言うと非常に陳腐なのですが、
まあでもそういうことなんだなあと。
そして一歩歩くことだけでも、より行程が具体的になってくるのだと、思います。

広告

0 Responses to “計画というものと和解できたかもしれない”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。