アプリ開発勉強してますねん

ちょっと前から、とあるiPhoneアプリを開発したくて、
iPhoneアプリの開発の勉強を始めました。

プログラミングという行為自体には興味はあったものの、
一回もやったことがなく、正真正銘初めてのプログラミングです。

で、プログラミングを学ぼうという時に色々と方法はあり、
オンラインで無料の動画を見たりだとか、あるいは有料のコースに申し込んだり、
有料の本を買って読んだり、ひたすらググったり、とかあると思うんですが、
まあ最初はある程度体系だって学べたほうがいいかな、でもそこまで金はかけたくないな、
ということで本を買いました。

1冊目に買った本が『ほんきで学ぶSwift+iOSアプリ開発入門』という本でして、
これはこれで途中まではまあまあ理解できたんですよね。

こういう規則性があって、この通りにこう入力するとこういう結果が出ます、とか。
自分が作りたいアプリにはどう役立つのかちょっと分からない機能もあるけど、
これがいずれ役立つのかなと思いながら、規則性のようなものを勉強していきました。

ところがそれが実際にアプリを作ってみましょう、の章になると、
途端に初耳のルールが使われていたり、あるいは本の通りにやってもその通りの結果にならなかったり、
「えええええええ」ということが続出してしまいまして、踏ん張ってはみたものの、
「これはダメだわ」ということで今日軽く挫折しました。

で、同じく今日買ったのが2冊目の本でして、
これが『絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 増補改訂第4版』という本です。

さっきの本が、コードの書き方やら規則やらを覚えた後で、
アプリを作ってみよう、という流れだったのに対し、
この本だといきなり世界地図を表示するアプリを作ってみます。
でも、本に書いてある通りに進めていくと、なんか意外にあっさり出来ちゃうんです。
Appleの開発側がもともと用意してくれている機能を組み合わせていくと、
コードを1行も書かなくてもそれなりにアプリらしきものができる。

ベタな言い方ですがまず成功体験を積ませてから、徐々に知識を深めていくという流れ。
これは自分の好きな勉強スタイルともマッチしています。
例えば歴史の勉強であれば、全体の歴史の流れもわからないままに、
ホラーサーンだとかトゥグリル・ベクだとか覚えてもしょうがないし、結局定着しない。あと何より面白くない。
でも全体の歴史の流れがわかっていると、それらも面白く読むことができる。

開発におけるウォーターフォール型とアジャイル型と言いますか、
あるいはボトムアップ型とトップダウン型と言いますか、
まあなんか細部を完璧にさせてようやく最後に最終形がわかる、というものよりは、
全体像がまず見えて、そこからちょっとずつ細部を詰めていく、といったものの方が、
個人的には好きだしそっちのスタイルで行った方がやりやすい。
使い分けた方がいい時もあるとは思いますが。

まとめとしては、自分の勉強スタイルのクセを知っておくのは大事で、
本とかを選ぶ時もそのへん気をつけた方がいいなーと思いました。

広告

0 Responses to “アプリ開発勉強してますねん”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。